スホテルとチャンコサービス。

いずれにせよ、三人以上いないと、少なくとも関係として安定はしにく人間関係はなぜ悩ましいのかいのです。漠然と二人が結びついているのではなくて、その関係を見る第三者、「第三の視点」がなと、ダメだということです。常に「関係に対する関係」が存在する必要があるということい」、です。したがって、第三の視点というのは一種のズレなのです。つまり私(Ⅱ第一の私)を私であると認定する私(Ⅱ他者)、その二人の「私」の関係を認定するさらなる私(Ⅱ第三者)これを繰り返すしかないのです。関係に対する、関係に対する、関係に対する、関係。ある関係を知るには、その関係からズレてもう一つ関係を作るということです。その視点がそれで止まるかといったら、関係を認定した以上は、もう一つ関係があるでしょう。つまり、最小単位は常に三つだということです。ちなみに、このというものを認識しているのは、言語のある存在だけです。それが動物と人間の違いだと私は思っています。言葉というのは、道具ではありません。人間の存在を決めてしまう「力」です。

おそらく、多くのビジネスパースンは、帥代、仙代というように年齢が上がっていくにしたがって、健康面への不安が高まってくるはずです。日々の厳しい仕事でストレスが溜まェ66 第5章悩んだ時の心の処し方り、運動不足になり、接待や何かでお酒を飲む機会も増えていきます。だからといって、もとつと野菜を摂らなければ、禁煙しなければ、運動もしなければ、などと考えるまではいいのですが、そう考えることがストレスになるようでは、本末転倒です。ストレスを溜めながら健康を気にする、あるいは健康を気にすることそのものがストレスになるようでは、あまりにも非効率です。というのも、私はあらゆる不健康の源は、ストレスにあると考えているからです。かって外資系金融機関にいた頃、健康診断を受けるたびに、いろいろなところが引っ掛かガンマともあります。

実務家は、概念などという面倒なことを考えるより、性急に事実を知ろうとしがちである。また、別のラ 理由によるが、評論家も概念を面倒なものと考えたがる。というのも、概念は自分の言いたいことを議論するにはじゃまになるからである。しかし、英国ビクトリア朝時代の偉大な経済学者であるアルフレッド・マーシャル(シ罫&言『の言}})は、「最も無謀で、危険な理論家は、事実にすべてを語らせていると自称する人のことだ」と書いている。データをどのように見るべきかを多少なりとも考えてからでないと、そこから事実を正しく導き出すことはできないのである。幸いにして、保守派政権下の経済成長の実績を整理するには、一つの基本的な概念と、一つの基本的な原則がわかっていればよい。その概念とは、景気循環と経済生産性成長との違いを区別することである。

目線をどこに持つかということが重要なのである。逆に言うな80 第二部世界からも若者からもとり残される社会ら、「おれは三菱商事だ」と思っていては、いつまでたっても肝心の中身が育たない。かといって、「たかが部品屋」と考えていてはなんにもならない。部品屋をはじめた以上は、その世界でトップになるという野心を持ってその努力を継続できるかどうかが、一部品屋と「世界のシマノ」「世界のマブチ」のちがいを生み出す。かって、ものまね上手の日本人なんかにできるわけがないと馬鹿にされたデザインの分野でも、わずか一○年でぞくぞくと世界に冠たるデザイナーが登場してきた。だから、けっしてあきらめてはいけない。少々酷な話かもしれないが、サラリーマンの一生はセミにたとえられないだろうか。七年間土のなかにいて、地上に出ると一週間で死んでしまうセミ